blog

6年生の国語の学習

 グループごとに谷川俊太郎の詩「生きる」を役割を決めて、音読の練習をしました。6年生なので、音読の域をこえて朗読に挑戦してほしいと思います。