野小っ子NEWS

野小っ子の学校生活の様子を紹介します

小中連携授業研究会

 福島大学の佐藤佐敏先生に指導助言をいただき、石川町の小中連携授業研究会を本校で開催しました。町内の小中学校から先生方に参観いただき、6年生が国語の「やまなし」の授業しました。それに先立ち、午前中は、校内の授業研究会として、2年生と3年生が研究授業を行い、御指導いただきました。午後の研究協議では、たくさんの御意見をいただき、佐敏先生からもよかった点と今後の課題解決のヒントをいただきました。

森林環境教室(4年)

 15日、4年生が母畑レークサイドに出かけ、森林環境教室を行いました。森の案内人の矢吹さんに教わりながら、樹木や草花、キノコ、昆虫など、いろいろ見つけてきました。中には、植物の葉を筒状に丸めて、その中に潜んでいる虫などもいました。そして、前回の川の学習につなげて、森林の働きについても学びました。

いしかわコネクション(部活動紹介)

 6年生が、石川中学校でいしかわコネクションに参加し、部活動紹介を見てきました。広い体育館に3校の6年生が集まり、その前で、部活動事の発表を見ました。実際に試合を行ったり、作品を紹介したりと、どの部も分かりやすく、楽しく発表していました。

祖父母参観

 今日の祖父母参観は、密をさけるため、地区ごとに参観時間を分けて、参加していただきました。御協力いただきまして、ありがとうございました。

 

演劇教室を楽しみました

 劇団風の子さんによる「スクラム・ガッシン 準備完了!第2号計画」の劇を、体育館で鑑賞しました。小学生の子どもたちの物語で、子どもたちは引き込まれるように、演劇の世界にどっぷりつかりました。何かをやろうとするエネルギーや、うまくいかない時の不満や不安、そして、仲間と共に助け合ってやり遂げる達成感など、物語の中の子どもたちに、共感しながら、楽しむことが出来たと思います。遠くからお出で頂き、公演してくださった劇団風の子さんに感謝です。ありがとうございました。

 

シェルビー先生、お元気で

 これまで、石川町でALTとして勤務され、本校にもお出で頂き、子どもたちに楽しく外国語の学習をしてくださったシェルビー先生が、本日で終了となりました。昼休みにお別れの会を開き、子どもたちのメッセージを渡しました。シェルビー先生、今まで、ありがとうございました。

障がい者・高齢者理解教室

 5年生が、障がい者や高齢者がどのような生活を送っているか、疑似体験して理解を深める学習を行いました。高齢者の方が身体が思うように動かない状態を体験するスーツを身につけ、階段を歩いたり、ものを拾ったりする動作をしました。次に、車椅子に乗って、移動したりスロープを上ったりしました。実際に体験してみて、感じたことや分かったことがあり、自分の感想をまとめました。

三森川調査

 8/31、4年生が三森川の調査に行きました。森の案内人の矢吹さんにお世話になり、水質や水生動物について、調査しました。三森川には、きれいなところに棲む生き物がたくさん見つかりました。

写真掲載について
お子様が特定されるような写真につきましては、本人・保護者の承諾を得て掲載しています。