校長あいさつ

石川町立石川中学校長  塩田 正信
    石川中学校のホ-ムペ-ジにようこそ
校長の塩田正信です。本校校長14代目になります。
  本校は昭和52年4月1日に旧石川中、野木沢中、母畑中、中谷中、山橋中の5校が統合して、 新しい石川中学校として誕生し、41年が経過しました。そして39年目にして沢田中学校との統合により、新たな第一歩がスタートし、今年度は統合5年目を迎えました。今年度、生徒数は340名、学級数は11学級の規模となっています。第1回目の統合当時に比べれば、生徒数も職員数も減っていますが、石川郡内の中心校として、よりよい校風を後輩に伝えようと、 生徒と教職員が一つになって学校生活を送っています。
 活動面では、生徒会活動や運動部活動、文化部活動がとても盛んで、どの生徒もいずれかの部に所属して活動しています。毎年、東北大会や全国大会に出場しているほどです。また、何と言っても全校生が誇れるのは、「歌声の響く学校を作ろう」を合言葉に、全校合唱で心をひとつにできることです。
 いつでもお出でいただき、生徒たちの活動の姿をごらんください。